読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ならば、私は器になろう。

岡山市に住まう新たな「器」。 フル=フロンタルをはじめとする、多くの人々の思念を受け止める「器」としての役割を忠実に果たしたく思う。 人々の思念が集まれば、再び奇跡は起きるのかもしれない。

見せてもらおうか、金本監督の性能とやらを!

headlines.yahoo.co.jp

懲罰だとすれば、違う形でやってほしかった。

 

プロ野球を生で見たいと、毎日足を運ぶファンもいる。
年1回の機会と、待ちわびていたファンもいたはず。
そこで見せられたのが、懲罰かどうかはわからないが、異例の続投。
阪神の次世代エースともいえる藤浪選手を、そこまで晒し者にする必要があったのか。

 

同じ失敗を繰り返したことが、今回の続投の要因だと、金本監督は語る。
何かを悟らせる、反省させるなら、次につながる方法はなかったのか。
同じ失敗を繰り返すと言うならば、鳥谷選手のエラーはどうなるのか。
盗塁阻止率が上向かない原口選手をそれでも使うのはどうなるのか。

 

懲罰と言う言葉が独り歩きするのは、好ましくないと思う。
でも、今後のプレーのため、失敗を糧にしてほしいならば、どんな立場の選手でも、均一に扱うことが重要ではないだろうか。
期待の裏返し=懲罰の度合い、と言う言葉で片付けられるかもしれないが、あまりにも美しい言葉で塗り固め過ぎに思える。

 

誰しも失敗はする。挽回できない失敗もあるが、少なくとも次は同じ失敗をしないようにと、努力を重ねるのが、プロ野球選手だと思っている。
そんなプロ野球選手の姿に惹かれて、野球を見続けるファンもいる。

 

この際、ファンの想いはどうでもいい。
藤浪投手が、前向きになれるように、アフターフォローだけはしてほしい。
マスコミが書き綴るさまざまな憶測に押しつぶされて、藤浪投手が本来の実力を発揮できないようでは、阪神の浮上はあり得ない。

 

さまざまななリスクを考えて「懲罰」したのであれば、何も言わない。
監督自身が、リスクを背負っての行動であったならば、余計何も言わない。
ただただ、選手へのフォローは、しっかりお願いしたい。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

こういうコメントも出たようだが、その要因は金本監督の言動ではないか。

その言動を、時に戒めるべきコーチが、なぜ監督にではなく、マスコミ向けに発言をするのか。

ああ、既にコーチも監督に進言できる状態ではないということか。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

監督の責任も感じてくれたらどうだね。

見せてもらおうか、EUの性能とやらを!

EUからイギリスが離脱するようだ。

それに関連して、イギリスの国家形態が崩壊するとも言われている。

イギリスがイギリスではなくなるとは、どういう意味なのだ。

 

ご存知の方も多いと思うが、イギリスの正式名称は、

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」である。

単純に言うと、複数の国の連合体が、イギリスなのだ。

 

今回のEU離脱で、連合王国を形成していたスコットランドなどが独立を視野に動き始めたとも言われている。

ううむ、大英帝国はここまでなのだろうか。

 

で、ここからは日本の話。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

とか。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

など、アベノミクスと関連した記事がどんどん掲載されている。

 

正直言って、アベノミクスの効果は、ある。

ただし、恩恵を得ている大企業等が、労働者に利益を還元していないだけだ。

こればかりは、日本政府がどうこう言っても、大企業等が判断すること。

だから、アベノミクスが成功したかどうかは、わからない。

効果はあるけど、その効果が民衆の末端まで及んでいないことは事実だ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

選挙期間だから、こういうことを言う人もいるわな。

でも、彼らが政権与党だった時より、株価はほぼ倍になっている。

その事実は、アベノミクスを失敗と決めつける資質を問われる形にもなる。

 

まあ、選挙と言う大事な国民の意思表示ができるタイミングだ。

政党各位は、他国の出来事をネタにして批判合戦に興じるのではなく。

今はこうだから、これからいろいろな手を打って改善します。

その「改善策」で、大いに競っていただきたいと思う。

 

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

そう。

お願いよりも「約束」をしてほしいのだ。

多くの国民に、実感を持てるであろう、確実な施策の「約束」を。

見せてもらおうか、阪神タイガースの性能とやらを!

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

完全に覚醒しているではないか、広島カープ鈴木誠也

うーん、やはり彼はニュータイプとしての覚醒を始めているのか。

若手が育たない阪神タイガース関係者は、カープの有様がどのように見えているのだろう。

 

www.youtube.com

 

そういえば、阪神タイガースは「超・変革」だ。

阪神だって、若手を登用して、チームを変えようとしているのだった。

球場で流れるPVも、なかなかかっこいい。

 

でも、この変革はしばらく時間がかかるのではないかな。

1人のインテリ、いや1人の監督が標榜しただけでは、

変革を起こせるわけがない。

 

ジオン共和国もそうだった。

結果的に、ザビ家の独裁を許す結果にはなったが、

あれはザビ家がわかりやすいスローガンを掲げ、国民がそれになびいただけ。

ジオン=ズム=ダイクンのニュータイプという思想を、

うまく自己都合の選民思想に変えた。それでうまくいった。

 

さて、阪神タイガースの「超・変革」だ。

あれは、球団に向けられたスローガンではないのかもしれないと思っている。

あの「変革」は、ファンに向けられたものではないかと感じたのだ。

 

そもそも、優勝に手が届くか届かないかの実力を持っている、

阪神タイガースが変革を行う必要性があったのか。

少なくとも、今日明日のうちに変革しなくてはならないことはない。

あえて言うと、変革ではなく「継承」でよかったはずだ。

 

だから、あの「変革」という言葉は、ファンに向けられている。

極端な結果至上主義、阪神優等種主義(と私は思っている)を、変革する。

まず、プロ野球ファンとして、そして阪神ファンとして。

改めて今の阪神タイガースを見つめなおし、真の「変革」を後押しする、

よきサポーターとなり得るための「変革」を求められているのだ。

 

www.youtube.com

 

こういうことをやめる「変革」から、はじめてはどうだろうか。

もちろん、すべてのプロ野球ファンが。

みせてもらおうか、コリジョンルールの性能とやらを!

headlines.yahoo.co.jp

 

いや、カープファンだからいいんだが。

赤色はいいな。シナンジュも、ネオ=ジオングも赤だしな。

 

でも、コリジョンルールと言うのは、意味が分からない。

アウトなんだけど、キャッチャーが邪魔してたからアウト。

 

いや、キャッチャーの動作条件が特定の条件を満たしていれば、実は「セーフ」なんじゃないか。

だったら、それは「セーフ」にしよう。

そういうことと考えていいのか、コリジョンルール。

 

実際、ボールが返球されてきて、その返球をどこで受け取るか。

キャッチャーは本気でアウトにしたいだろうから、とにかく返球を上手に受けて、ランナーにタッチする。そう考えるだろう。

その思考の中に、コリジョンルールを踏まえて動作しなさいと言われても、キャッチャーがかわいそうではないか。

 

www.youtube.com

 

達川光男氏の解説が分かりやすいので、ぜひ参照いただきたい。

ただし、解説は分かりやすいが、広島弁は自主的に解読してほしい。

 

見せてもらおうか、舛添要一の性能とやらを!

headlines.yahoo.co.jp

 

何言ってんだ、こいつは。

オリンピックを避けてくださいとか、何を甘いことを言っているのか。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

マスコミもすごいな。

これじゃあYoutubeの「やってみた」シリーズと変わんない。

本当に舛添の言ってることは事実なのか、実際に確認したよと胸を張る。

そういえば、共産党の都議さんが「実際にホテルに泊まってみた」とも。

領収書の様式が一部分足りない、隠ぺいだとも。

 

東京都民はなぜこのような指導者を選んだのか。

東京都民の思いを託せる「器」ではなかったということか、舛添。

 

マスコミ各位も責任を感じてほしい。

舛添が知事にふさわしいと言わんばかりに報道したのは、誰だったんだ。

そして、既にマスコミはポスト舛添を探している。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ネームバリューでどうにかなるような首都なのか、東京は。

器だよ、器。

 

かつてドズル=ザビは「戦いは数だよ」と言った。

政党各位に言わせれば、ドズルの言葉に相槌をうてるのかもしれない。

でも、数が集まろうとも、掲げる器がこれでは、意味がない。

 

まずは、舛添に去就のイニシアチブを与えないようにする。

それが、今回の件でまず重要なことではないだろうか。

見せてもらおうか、東京都民の真意とやらを!

見せてもらおうか、トヨタ・シエンタの性能とやらを!

今日は近所の川でカヌーを楽しんだ。

川と言う大自然の「器」にどっぷりつかるのもよかろうと思ってだ。

個人的に、カヌーは趣味なのだが。

 

f:id:tasogare-iri:20160612173514j:plain

 

私の愛車はトヨタシエンタ

残念ながら、右側の旧型シエンタなのだが。

 

f:id:tasogare-iri:20160612173554j:plain

 

このシートアレンジの良さを見ていただきたい。

(写真は別サイトからのイメージ画像を拝借している)

ここまでフラットになれば、特に休息も取れようものではないか。

シナンジュでは、ここまでの快適さは望めないだろう。

 

で、案の定、沈没した。

川で100mほど水泳して岸に戻るはめになった。

沈没したカヌーを片手に持ち、立ち泳ぎで100m。

あーしんどい。

 

むむ、これが川と言う器の、底知れぬ恐ろしさかもしれぬ。

結果的に、シエンタのシートアレンジによって、快適空間の中で休息。

くやしいが、これが人間の英知の限界なのか。

 

でも、シエンタって。

新旧ともにいい車ですよ、とさりげなく言ってみる私だ。

 

見せてもらおうか、野党共闘の性能とやらを!

headlines.yahoo.co.jp

 

日本のかじ取りを誰にゆだねるか。

つまり、民衆が世直しのわずかな希望を託すことのできる「器」。

その器を決めるという「選挙」が近づいている。

 

この時期に冒頭のニュースが出た。

これはどういう意味を表すのか。

 

かつてなら、

「へー、みんな政権に反感を抱いているのか」

という受け止め方だっただろう。

 

しかし、世の中は次第に変わっている。

朝日新聞偏向報道がまた始まったか」

と考える人もいる時代だ。

 

私は政治的な立場は中立なので、各政党の掲げる政策に是々非々で望んでいる。

そう、政策あり気なのだ。

 

f:id:tasogare-iri:20160611131050g:plain

 

かつて、私と瓜二つと言われたシャア=アズナブルを見てみよう。

彼は実父、ジオン=ズム=ダイクンの掲げた思想を受け継ぎ、

スペースノイドの権利を主張するため、武力をも行使し、

上流階級であるアースノイドが住む地球を寒冷化しようと、

ジオンのシンボルともいえるアクシズを地球に投下しようとした。

 

方法としては、悪くない。

だが、そんなシャアの行動を後押ししたのは、スペースノイドだ。

スペースノイドの不満を、シャアはしっかりと受け止めた。

方法はどうあれ、シャアはスペースノイドの「器」となったのだ。

 

日本の野党はどうだろうか。

ここにきて、イデオロギーの垣根を越えて野党共闘を開始した。

それがうまくいくかどうか、私にはわからない。

 

f:id:tasogare-iri:20160611131105j:plain

 

かつて、ティターンズに対抗すべく、エゥーゴが採った手段はどうだったか。

そう、敵の敵であり、自身の敵でもあるネオ=ジオンと一時期共闘した。

その結果、反目と和解を繰り返し、結果的にネオ=ジオンの戦力温存を許した。

その後のネオ=ジオンの伸長は、みなさんもご存じであろう。

 

野党共闘の性能は、選挙のための翼賛会だけではない。

選挙に勝利した時、掲げていた思想はどう体現されるのか。

その可能性を、民衆に見せなくてはならない。

できる限り現実的で、それでいて実効性のある可能性を。