ならば、私は器になろう。

岡山市に住まう新たな「器」。 フル=フロンタルをはじめとする、多くの人々の思念を受け止める「器」としての役割を忠実に果たしたく思う。 人々の思念が集まれば、再び奇跡は起きるのかもしれない。

見せてもらおうか、舛添要一の性能とやらを!


スポンサードリンク

headlines.yahoo.co.jp

 

何言ってんだ、こいつは。

オリンピックを避けてくださいとか、何を甘いことを言っているのか。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

マスコミもすごいな。

これじゃあYoutubeの「やってみた」シリーズと変わんない。

本当に舛添の言ってることは事実なのか、実際に確認したよと胸を張る。

そういえば、共産党の都議さんが「実際にホテルに泊まってみた」とも。

領収書の様式が一部分足りない、隠ぺいだとも。

 

東京都民はなぜこのような指導者を選んだのか。

東京都民の思いを託せる「器」ではなかったということか、舛添。

 

マスコミ各位も責任を感じてほしい。

舛添が知事にふさわしいと言わんばかりに報道したのは、誰だったんだ。

そして、既にマスコミはポスト舛添を探している。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ネームバリューでどうにかなるような首都なのか、東京は。

器だよ、器。

 

かつてドズル=ザビは「戦いは数だよ」と言った。

政党各位に言わせれば、ドズルの言葉に相槌をうてるのかもしれない。

でも、数が集まろうとも、掲げる器がこれでは、意味がない。

 

まずは、舛添に去就のイニシアチブを与えないようにする。

それが、今回の件でまず重要なことではないだろうか。

見せてもらおうか、東京都民の真意とやらを!