ならば、私は器になろう。

岡山市に住まう新たな「器」。 フル=フロンタルをはじめとする、多くの人々の思念を受け止める「器」としての役割を忠実に果たしたく思う。 人々の思念が集まれば、再び奇跡は起きるのかもしれない。

見せてもらおうか、金本監督の性能とやらを!


スポンサードリンク

headlines.yahoo.co.jp

懲罰だとすれば、違う形でやってほしかった。

 

プロ野球を生で見たいと、毎日足を運ぶファンもいる。
年1回の機会と、待ちわびていたファンもいたはず。
そこで見せられたのが、懲罰かどうかはわからないが、異例の続投。
阪神の次世代エースともいえる藤浪選手を、そこまで晒し者にする必要があったのか。

 

同じ失敗を繰り返したことが、今回の続投の要因だと、金本監督は語る。
何かを悟らせる、反省させるなら、次につながる方法はなかったのか。
同じ失敗を繰り返すと言うならば、鳥谷選手のエラーはどうなるのか。
盗塁阻止率が上向かない原口選手をそれでも使うのはどうなるのか。

 

懲罰と言う言葉が独り歩きするのは、好ましくないと思う。
でも、今後のプレーのため、失敗を糧にしてほしいならば、どんな立場の選手でも、均一に扱うことが重要ではないだろうか。
期待の裏返し=懲罰の度合い、と言う言葉で片付けられるかもしれないが、あまりにも美しい言葉で塗り固め過ぎに思える。

 

誰しも失敗はする。挽回できない失敗もあるが、少なくとも次は同じ失敗をしないようにと、努力を重ねるのが、プロ野球選手だと思っている。
そんなプロ野球選手の姿に惹かれて、野球を見続けるファンもいる。

 

この際、ファンの想いはどうでもいい。
藤浪投手が、前向きになれるように、アフターフォローだけはしてほしい。
マスコミが書き綴るさまざまな憶測に押しつぶされて、藤浪投手が本来の実力を発揮できないようでは、阪神の浮上はあり得ない。

 

さまざまななリスクを考えて「懲罰」したのであれば、何も言わない。
監督自身が、リスクを背負っての行動であったならば、余計何も言わない。
ただただ、選手へのフォローは、しっかりお願いしたい。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

こういうコメントも出たようだが、その要因は金本監督の言動ではないか。

その言動を、時に戒めるべきコーチが、なぜ監督にではなく、マスコミ向けに発言をするのか。

ああ、既にコーチも監督に進言できる状態ではないということか。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

監督の責任も感じてくれたらどうだね。